Movin Café

編集部雑記

6月8日、17:30、天気は晴れ。

梅雨入りを前に、季節をすっ飛ばしてしまったかのような夏模様。

そんな折にこのメディアがスタートして、早ひと月。

本当に梅雨をすっ飛ばしてしまった今日このごろは、

いやー、とんでもなく、暑い。とにかく暑いです。

 

こんにちは。編集長のまるおです。

ぼくはこれまでの人生でメディアをやったことがありません。

そうして始めてみると、知りたいことがたくさん生まれてきます。

今後、各メディアのセンパイ編集長の皆さまにはいろいろとお話を伺いながら、

それでいて、独自の活動を興して「私たちらしいメディア」と為っていけるように、

しっかりがんばっていきたいと思います。

 

さて、このメディアはネクスウェイという会社の有志により運営をしていきます。

今日はその成り立ちと、このメディアにかける想いを記してみます。

 

2004年、リクルートから分社独立した際に設定した、

  • 会社の魂となる「理念」
  • 行く先を示す「ビジョン」
  • その道中での振る舞い方を表す「バリュー」

を、それぞれリニューアルするプロジェクトを2017年春に立ち上げて、1年が経ちました。

ぼく自身は、これらを社内へ浸透する活動に”ブランディング”という名をつけて、

様々な伝え方をリードし続けた1年でもありました。

 

*リブランディングの結果はこちらから。

*2004年、会社設立当時に理念を設定したときの「想い」はこちらから。

 

この「理念」「ビジョン」「バリュー」=ブランディングに纏わる考え方や、具体的な過ごし方について、

この1年の活動の中で残せたこと、感じたことを足場に、

更に継続して伝えていく活動や仕組みの必要性を感じてこのメディアをはじめました。

 

つまり、ネクスウェイで共に働く仲間宛に、

新しいネクスウェイブランドをもっと浸透させる情報発信がしたい!ということがキッカケとなっています。

 

とはいえ、一般論として、

企業や個人の考え方や過ごし方は、時の流れと共に、価値観を受容して大きく変化していきます。

そうして生物のように多様で変化していける組織、個人は歴史的に見ても生命として強靭、しなやかだと思うのです。

なので、このブランディングの活動をリードする者として、

社内に向かってひとりで一意的に発信をし続ける、ということは今後もしっかりやっていきたいな、という想いはあれど、

一方でそれは、意図せずに同質的で硬直的な価値観を形成してしまう可能性も孕んでいるなあ、とも感じていました。

会社としてはそれでいいのだ、という考え方もあるでしょう。

 

しかし、ぼくは、このブランディングの活動を進めてきて1年経ったいまだからこそ、

社内にも、社外にも開いていくことの可能性を見てみたいと思いました。

 

  • 私たちの個々に、それぞれの「多様な想い」をしっかり書き出すこと
  • 世界にある「想い」を発掘し、記事という形に編集すること
  • 更に、対象を外に開くことでこの受容体としての幅を広げていくこと

 

を2年目の活動として行いながら、

このメディアを通じて、変化していく「わたしたち」をリードしていきたいと思うのです。

 

そして、この取り組みにはそのような想いを共にして、

「こういうこと、一緒にやりたいなあ」と同じ様に思ってくれたメンバーが15名ほど集まって、

始まりを迎えています。

 

ついては、それぞれに不定期で多様な「想い」を感じられる記事やエッセイをUPしていきます。

読者の皆さま(もちろん社内の仲間も含む)の反応によって、

私たちの「理念」を頂上にしたこの新しいネクスウェイブランドが、

より想像しない場所へとたどり着くことにもちょっぴり期待して、がんばっていきます。

 

色々すっ飛ばしてしまいがちなぼくですが、皆さま、ぜひご贔屓に。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加