Movin Café

Vol.02

はじめましての方も、そうでない方も、こんにちは。株式会社ネクスウェイです。

コミュニケーション支援を生業にしている会社です。

ここでは、ネクスウェイの成り立ちと、ネクスウェイの社内コミュニケーション(インナーコミュニケーション)について伝えさせて下さい。

 

ネクスウェイは、2004年に株式会社リクルートの「FNX事業部」が丸ごと分社独立して誕生しました。

分社した当時の社内コミュニケーションは、いわゆる「気合だー!」みたいな朝会や、古くは営業数字の張り出しなどもありました。

 

他にも、キックオフ、ヨミ会、部会、締め会、成果共有会、戦略共有会、忘年会、などなど、様々な社内コミュニケーションが溢れていました。

「キックオフ」とは!?

・全社の決起集会

・3ヶ月に1度、外部会場で開催

・ビジョンを浸透させ、みんなが同じベクトル

 に向かって仕事ができるようにする

・自らの仕事に価値を感じてもらい、

 社員のモチベーションを上げる

・縦、横のつながりを強める

 

時が流れ、リアルコミュニケーション以外にも、社内報やスクリーン掲示板、社内サイネージなどが登場し、いつしか社内コミュニケーションが供給過剰に。

 

ネクスウェイでは、次々と新しいサービスや新しい施策が生み出されるので、

 

・過去には機能していたものの、時代の変化で必要なくなったもの

・やり始めた当初は良いと思ったけど、時が経ち効果が薄れたもの

・形骸化してしまっているもの

 

そんな社内コミュニケーションもありました。

 

そういった社内コミュニケーションのアレコレを一度整理しなければならないーーー

…と、思いつつも、全社を巻き込む施策だったり、それぞれの施策にファンがいたりして、なかなか大鉈(おおなた)を振るうことができなかったのですが、2017年の理念・ビジョンの再定義をきっかけに、過去の社内コミュニケーションで良しとされていたことを一度リセットし、改めてネクスウェイ流の社内コミュニケーションを新しく構築しようという取り組みを始めました。

 

創業15周年を控え、ちょうど、今のわたしたちに必要なことだったと思っています。

 

こんなわたしたちの社内コミュニケーションの過去や現状、時には他社様の社内コミュニケーションなどもご紹介しながら、「想いをつなぐコミュニケーション」を目指すネクスウェイについて綴っていきます。

 

文責:垣内 聡実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related